車を売却したときの金額の基準

>

愛車を手放すそれぞれの背景

新車を手に入れるから

愛用していた車を手放すその理由として最も多いとされているのはなんでしょうか。

答えは、新しい車を購入するからという理由です。
今まで乗っていた車とこれから購入する車、よっぽど広い場所に住んでいるか駐車場に困っていない人でしたら二台分所有することが可能でしょう。
ですが、大抵の人が新車の購入を期に今まで乗っていた車を処分していきます。

またこの場合、車をそのまま単品で手放すというわけではなく、その新車を購入するディーラー等に下取りという形で売りに出すということがほとんどです。
なぜかと言いますと、その下取りの金額分新車の代金を引いてくれるからです。
つまり車も売ることが出来、尚且つお目当ての車もお安く手に入れられるというまさに一石二鳥というわけです。

金銭的な理由

また、それ以外にも金銭的な余裕がないという結構シビアな理由も存在しています。
特にここ数年は不景気ということで、そういった背景で売る人が増えていっています。

車を所有しているということは、意外にもお金がかかります。
一番身近なもので言いますとガソリン代がありますし、年に一度の自動車税や数年後の車検代、その他の維持費など案外バカになりません。
こういった傾向は、お金をあまり持っていない若者に比較的多いです。

またそれ以外の理由として、車が必要な地域から公共交通機関が発達している地域に引っ越し、車を持っていると逆にお金がかかるので車を手放したとか、駐車出来る場所がなくなってしまったからということもよく聞きますね。


この記事をシェアする
TOPへ戻る