車を売却したときの金額の基準

>

査定額はここを見て決まっている

車種や年式や人気

車を売る際に、買取店側が重要視しているところがあります。

それは車種や年式です。
まず車種に関してですが、人気がある車種はそれだけで評価が高いです。
ただ、時期によって人気の高さはそれなりに変わってきているので、今現在どの車種が人気が高いのかは、ネットで調べたり買取店側に直接聞いてみるといいでしょう。

続いて年式ですが、古いものより新しければ当然評価は高くなっていきます。
そういったことがあるので、だいたいの人が初めての車検を迎える前に車を買い替えているというわけです。

つまり話をまとめると、人気がある車種であり年式も新しいものが高額買取間違いなしということです。

ちなみに、軽四よりも普通自動車の方が買取価格が高いです。

走行距離も大切

また意外かもしれませんが、これまでの走行距離も大事な基準になっているのです。

前出のコラムで、年式が新しい車は評価が高いとお書きしましたが、走行距離がそこそこあると少し評価が下がってしまうことがあります。
逆に言いますと、年式が多少古くてもそんなに走っていない車はいい評価が出てくる可能性があります。

それ以外に見られている箇所を上げますと、残りの車検への期間や事故歴、これまでに修理の形跡があるのかやエンジンの調子がどうなっているのかも見られています。

また、実は車の色も結構大事なのです。
比較的派手な色よりも、黒や白といった無難な色が好まれる傾向にあります。

ただ単に車を買い取ってもらうというだけでも、これだけ気を付けないといけない部分があるなんて驚きですね。


この記事をシェアする
TOPへ戻る